喜ばれるお歳暮を贈るためのポイントは

subpage01

お歳暮はその漢字からもわかるように、年の暮れにお世話になった方々に贈られるもので、一昔前まではお正月用の食材が選ばれることがほとんどでした。


それというのもお歳暮とは元々はお正月に先祖の霊を迎えるためのお供え物だったからです。
昔は年内に本家にお供え物を持参していましたが、それが段々とお世話になった方に感謝の気持ちとして贈られるようになったのです。
さて、そんなお歳暮ですが、現在では贈られる商品にもいろいろなジャンルの選択ができるようになりました。
人気のある商品の例としては、ビ−ルや自分では普段は買わないけれども人から贈られたら嬉しい食材などが挙げられます。また、商品券やカタログギフトなど贈られた本人が自由に選ぶことができるものも人気を呼んでいます。


しかし、たとえ良いものを選んでも、贈る時期を間違えてしまったらせっかくの気持ちが台無しになってしまいます。

お歳暮は季節の挨拶なので、12月の初め頃から20日あたりまでに届くように贈るのが一般的です。何を贈るか選ぶ際の効率的なポイントとしては、まず贈り先のリストを作成し予算を決めることから始めます。


いきなり買いに行ったりしては、目移りもしますし気がついたら予算を大幅にオ−バ−してしまったということにもなりかねません。

お歳暮の専門サイトのココです。

それから何を贈るかに迷ったら、相手の家族構成等を考慮することによって、段々と先方が貰って喜びそうなものが思い浮かんでくるはずです。



普段はあまりお付き合いのない恩師のような方ならば、家族みんなで食べられるような少し高級なハムや肉などは喜ばれることでしょう。

あれこれと相手の顔を思い浮かべながらお歳暮を選ぶことで、1年間お世話になった方々への感謝の気持ちを感じることができ、自分もあたたかい気持ちになれるでしょう。